ピル消退出血

ピル消退出血

ピル消退出血

 

 ピルの休薬期間中に起きる消退出血は、当然ながら生理ではありません。それでも妊娠が成立しなかったという確かな証拠には変わりありません。

 

いずれも妊娠してない証拠の出血を何故敢えて、区別してるのか、決定的な違いを述べて行きます。

 

根本的に、子宮の内膜が剥がれて出血する点は同じなのですが「生理」と呼ばれる出血の場合は自然なホルモン変化で排卵されたものが精子と出会う事無く、役目を終えた子宮内膜が剥がれて行くことを指します。

 

一方「消退出血」の場合は、ピルによる働きかけで、そもそも、排卵が起こりません。排卵が止まってるのに何で内膜が剥がれるの?と不思議に思いますよね。排卵が無い時点で生理の原理が成立しないのに。

 

 

実は、ピルを服用していくと血中ホルモン濃度が上昇して行くのですが、21日間を服用しきり、休薬期間に入ると、今度はホルモン濃度は低下に転じます。すると、子宮の内膜が剥がれて出血が起こります。

 

ホルモン濃度をピルに管理された状態で起きる出血を「消退出血」と言うように区別してます。これが生理と消退出血の決定的な違いです。

 

因みに、アフターピル服用後に起こる出血も「消退出血」です。これは避妊成功してれば必ず起きる出血です。ストレスの影響も受けませんし、低用量ピルのように出血が飛ぶ事も絶対に有りません。

 

個人差はありますが数日〜3週間程で起きます。仮に次の生理予定日までに出血が確認できない、確認できたが量が少なすぎる場合は必ず産婦人科を受診してください。

 

避妊は相手任せではダメですね、積極的に避妊を考え、自分の身を守りましょう

 

アフターピル生理

 

 アフターピルを服用した後の生理は乱れる事が多いと報告されてます。しかし、重大な異常という域ではありませんので心配しないで欲しいと思います。

 

勿論、個人差はありますが、概ね3カ月程で生理の乱れは解消されていくとされてます。では、具体的に、どのような形で乱れるのでしょう。

 

生理が月に2回来た!という方も居ますが、全く心配要りません。アフターピルによる出血と本来の生理が続けて来た状態です。翌月からは、改善されるとされてます。

 

一方で消退出血を確認後、次の生理が予定日を過ぎても来なくなるという乱れ方をする女性も居ます。これは少し長い目で見て頂きたいと思います。

 

個人差はありますが、何か月と言う単位で生理が止まる人も居ます。対処法としては、ストレスを抱えたまま生理を待たないという事ですね。

 

乱れがちに傾いてるホルモンバランスはストレス・不安の影響をダイレクトに受けてしまいます。個人差が有るものだという事を念頭に置いて、気長に生理を待ちましょう。

 

ただ、アフターピル服用後に出血を確認できた方でも、その後のケアも含めて、しっかり受診して医師の指示に従ってください。

 

 

不安など取り除いてストレスを軽減させるためにも受診して確信を得て頂けたらと思います。また、乱れたままの生理周期をひたすら我慢する必要も有りません。

 

場合によってはホルモン注射で劇的に改善される事も有りますので相談して頂けたらと思います。

 

個人的な意見ですが理想は低用量ピルと併せてコンドームの着用で避妊に努めて頂きたいと思います。望まない妊娠の危険に晒される女性が一人でも減る事を願います。

 

嬉しい副効果を実感しながら、真剣に積極的に避妊を考える方は詳細を勉強しましょう

 

ピル危険日

 

 ピルを長く服用してれば通常、危険日と言うのは有りません。皆さんが妊娠しやすい日を危険日と呼ぶならピルを正しく飲んでいる限り、有りません。何故ならピルを継続的に続ける事で、排卵が止まるからです。

 

排卵が無ければ例え精子が入って来ても受精するための卵が有りませんので妊娠は成立しません。よって危険日と言うのは、無いという状態です。

 

また、ピルの働きで子宮内膜を妊娠しにくい状態に持っていったり、頚管粘液を精子が子宮に入りにくい状態に持っていく事で避妊します。まさにトリプル効果ですね。

 

妊娠の為の3つの条件をピルが負担無く阻害します。阻害と言う表現を使うと誤解されるかもしれませんが、ピルの服用を止めれば妊娠の為の機能は、程なく回復しますのでピルの将来の影響が心配という方も安心して使用して頂きたいと思います。

 

但し、生理が始まり、最初の日曜日から服用するサンデータイプで始めた場合、卵胞をしっかり抑え込むまでの7日間は「危険日」に該当しますので避妊措置を、しっかり、講じて頂きたいと思います。

 

 

デイワンタイプで始めたとしても、12時間以上の飲み忘れは避妊効果を薄れさせてしまいます。「危険」なタイミングを少しでも短くと考えるのでしたら、生理初日から服用するデイワンタイプで始めましょう。そして確実に飲み忘れなく服用しましょう。

 

また、危険日・安全日の問題の前に、色んなリスク予防の為に、コンドームの使用を個人的に推奨します。

 

個人的な意見を入れてしまいましたが、自分の為に、相手の為に是非、ゴムを使用して頂きたいですね。

 

飲み始めるタイミング・ピルの特徴等を、よく勉強して避妊に努めましょう

 

ピル体験談

 

 こちらのコーナーでは実際にピルを服用した私の体験談を語りたいと思います。頑丈に出来てるのか、とりあえず副作用らしい副作用は一切出ませんでした。(人によっては吐き気など出現するそうですが)

 

私がピルを始めた動機は避妊です。望まない妊娠の体験談とか以前から読んでいたんですが、やがて年頃に成り両想いの異性とお付き合いする事に成り。

 

どこか他人事だったその体験談が、グッと身近な物になった気がしたのを覚えてます。何故なら彼がコンドームの着用を嫌がる人だったので。

 

理想は、やはり男性も真剣に性と生の事を考え、協力してコンドームを使用して貰うのが良いのですが。

 

どうしても直に感じ合いたいと言われ、望まない妊娠のリスクを避ける為、ピルを使い始めたのですが、それまで、ピルに対し、とんでもない誤解をしてた事を知りました。

 

正直、ピルに対しての知識も結構、浅くて、この際勉強してみようと考え、通販でなく、受診を経てピルを飲み始めたのですが、良かったです!丁寧にピルについて説明して頂いて。

 

ピルは生理を基準に服用しないとならない事も、受診するまで知りませんでした。また、生理を基準にしてもサンデータイプで始めた場合は直ぐには効果が出ない事も、デイワンタイプで始めた方がスピーディーな効果が有るという事も全く知りませんでした。

 

行為の前に飲むだけで避妊できる薬。という偏った認識を抱いてたのですが、何も知らず受診もせず、通販で入手して間違った方法で服用して行為に及んでいたらと思うとゾッとしますね。

 

今では、しっかり正しく服用し毎月安心して休薬期間中の消退出血を迎えていますが。あの時、面倒がらず、ちゃんと受診して本当に良かったです。

 

皆さんにも、色んなリスクを避ける為にも、通販の利用はピルに慣れてからにして頂きたいと思います。

 

既に産婦人科を受診してピルを熟知して上手に付き合えてる方は入手法を選択してみましょう

 

ピル消退出血量

 

 ピルの消退出血の量って、皆さん気にした事ありますか?思ったより少なくならなかった、逆に少なくなり過ぎて不安とか意見は様々です。個人差が有るので過剰に意識しなくても良いとは思うのですが。

 

色んな体験談等読んでいくうちに多かった意見が、最初の頃は逆に、出血の量が増えてしまう方も居るそうですね。また一日一日の量が減るのではなく、出血が起きてる日数が減るという形で量が減った!という方も居ました。これまでが逆に出血量が少なかった方は、消退出血量が多く感じてしまう人も居るようですね。

 

まさに千差万別ですね。ピルの確固たる効能が現れるまで、実感出来るまで、個々に様々な紆余曲折を体験するかもしれませんが、貴女の身体に合ったピルに出会えてさえいれば、正しく服用していれば、やがてピルはユーザーの皆さんに平等に嬉しい効能・副効果をもたらしてくれます。

 

 

ただ、出血の状態が、レバー状だったりと、心配な事が有れば速やかに受診して下さい。他に病気が隠れてる場合も有ります。ただ、量の多い少ないに関しては、暫く様子をみて良いと思います。

 

こればかりは、ホントに個人差が有りますので。特に心当たりが無いのであれば(飲み忘れ等)、着床出血という事も無いと思われます。稀にすり抜け排卵という現象も有るみたいですが、そう、遭遇するものではありません。余り不安にならず穏やかに消退出血を待ってみましょう。

 

ピルで起こる出血とはいえ、繊細な物です。ストレスの影響を一切受けないというものではありません。

 

何か気になる事が有ればしっかり受診するなど、ピルと上手に付き合って頂きたいと思います。

 

ピルと消退出血の事を熟知出来ましたら、あとは上手に付き合いましょう

 
ホーム RSS購読 サイトマップ